野蕗でつくるきゃらぶき

【野蕗きゃらぶき】

炊きたてのごはんのお供や、
細かく刻んでお茶漬け、おにぎりにご利用ください。

野蕗 500g
醤油 100ml
酒 100ml
みりん 100ml
ナンプラー 小さじ1/2
ごま油 小さじ1

① 野蕗は鍋に入る長さに切り(なるべく長いまま茹でるのが好ましい)
まな板にのせ、塩適量(分量外)をふって板ずりをする。

② 鍋にたっぷりの湯を沸かし、①を塩がついたまま加えて3分ほど茹でてザルにあげ冷水に浸す。
③ 蕗の太い方から細い方に向かって筋を引く。再び水に浸して半日から1日おき、あくを抜く。
④ ③の水気をきり、3〜4cmに切る。スキレットまたは鍋に入れ、中火にかけて水分が飛ぶまで空炒りをする。

⑤ 弱火にして醤油、酒、みりんを④に加え、水分がなくなるまで煮る。
⑥ ナンプラーを加えて火からおろし、ごま油を加えて混ぜ合わせる。

* ナンプラーがない場合、または好きでない場合は入れなくても大丈夫。
ナンプラー、ごま油を最後に加えることで風味、コク、旨味がアップします。お好みで。
* スキレットを使うことで鉄分補給できるのでオススメです。

きゃらぶきを刻んで、出汁茶漬けに。
出汁を煎茶に変えてもおいしい。

このレシピのブログ記事はこちら
http://yuko-kishida.blog.jp/archives/37175967.html